ソフトバンク光のメリット・デメリットまとめ!評判は?

ソフトバンク光とは、NTTの光回線ファイバーを使ってソフトバンクが提供しているインターネット回線のことをいいます。

2015年にソフトバンク光の提供が始まり、業界4位のシェアを誇るまでになりました。

そこで今回は、ソフトバンク光のメリットやデメリット、評判をご紹介します。

ソフトバンク光を契約したいと考えている人はぜひ最後まで読んでみてください。

ソフトバンク光のメリット

ソフトバンク光の最大のメリットは、スマホ代が毎月割引されることです。

これは「おうち割」というサービスで、ソフトバンク光を契約すると家族全員分のソフトバンクスマホの料金が割引されます。

プランによって割引額は多少前後しますが、スマホだと月1000円の割引で家族の分も合わせると、月数千円もお得になります。

割引は1回だけではなく、ソフトバンク光を契約している期間は毎月適用され、さらに離れて暮らす家族のスマホ料金も割引されるのでかなりお得です。

ただし、家族の中でもソフトバンク以外のスマホは割引されないので注意しましょう。

ソフトバンク光のデメリット

ソフトバンク光のデメリットは、自動更新前の解約で違約金と工事費残債が発生することです。

ソフトバンク光では更新時期が選べるようになっており、「2年自動更新プラン」が標準的なプランです。

この場合だと、ソフトバンク光を契約してから2年以内に解約すると違約金の9500円が発生します。

違約金が発生しないタイミングは、契約満了月の1か月間だけということになります。

また、払い終わっていない工事費もまとめて払うことになるので、更新前の解約はあまりおすすめしません。

やはり、光回線は契約期間も長いですし、回線工事、撤去工事とそれぞれお金もかかりますしコストが増えがち。

その点、WiMAXのようなWiFiサービスでしたら工事も撤去工事もありませんし、契約してルーターが届けばすぐに使えます。

wifiを契約するなら個人的にはWiMAXをおすすめ!(このブログが参考になります)

ソフトバンク光の評判

良い評判としては「サポート対応が良い」「料金が安い」「通信速度が速い」という声が多いようです。

サポート対応は、大手企業なだけあってとてもしっかりしています。

たとえば、電話だけでなくチャットやAIによる自動回答まで、様々な方法があります。

料金についてはソフトバンク光のメリットでも紹介したように、割引が適用されたり自分に合ったプランを選べたりするので、お得に利用できます。

そして、ソフトバンク光は「最新の光BBユニット」と「IPv6高速ハイブリット」を使えば、かなり速度が速くなります。

そして悪い評判としては「勝手にオプションが付いてくる」「通信速度が遅い」という声が多くありました。

契約した時点でたくさんオプションが付いていたということがあります。

オプションは自分で解除する必要があるので注意しましょう。

通信速度は、利用者が多い時間帯は遅くなることもあります。

しかし、先ほど紹介したソフトバンクが推奨するユニットを使えば解決することが多いです。

ソフトバンク光は、こんな人に向いている!

結論から言うと、ソフトバンクのスマホを使っている人に向いている光回線がソフトバンク光です。

逆に言えば、ソフトバンクのスマホを使っていない人はソフトバンク光にこだわる必要はありません。

ソフトバンクのスマホを使っていれば、毎月のスマホ代が割引されるのでかなりお得です。

また、2年以上引っ越す予定がない人にも向いています。

さらに、ソフトバンク光は工事までの期間が長いので、利用開始までに2週間~1か月ほどかかっても問題ないという人におすすめです。

外出先でもネットを利用したいならWiMAXの利用もあり

WiMAXは、工事が必要なく持ち運ぶことができる小型Wi-Fiルーターです。

ソフトバンク光のような光回線は設置している建物でのみ利用可能ですが、WiMAXなら持ち運ぶことができるので屋外でも使うことができます。

外出先で動画を見たりオンラインゲームがしたい人にはおすすめのWi-Fiルーターです。

さらに、他のポケットWi-Fiと比べても通信速度が速く、料金が圧倒的に安いです。

一人暮らしで光回線を繋げない場合でも、WiMAXなら簡単にWi-Fi環境を作ることができます。

ただ、屋内だと通信が不安定になることがまれにありますが、窓際にWi-Fiルーターを置くことで改善できます。

わざわざ工事をして設置するのは面倒という人や、安く手軽に利用したいという人はWiMAXを検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です