ASAHIネット光のメリット・デメリットまとめ!評判は?

ASAHIネット光は株式会社朝日ネットが1993年から提供しているプロバイダの一つであり、インターネットが普及する前の「パソコン通信」時代からネット事業を手掛けています。

メインの個人向けのみならず法人にも提供しており、公共Wi-Fiや社内Wi-Fiとしても利用されているプロバイダです。

この記事では、ASAHIネット光のメリットやデメリットなどを紹介します。

ASAHIネット光のメリット

  • コストパフォーマンスが高い
  • 回線速度が速い
  • 安心のセキュリティ

IPv6対応の高速通信に加え、プロバイダ月額利用料が戸建て住宅なら毎月780円、集合住宅なら毎月700円と割安です。

回線の混雑状況にもよりますが、回線速度は最大1Gbpsなのでサイズの大きな高画質動画の再生やキャッシュのダウンロード、オンラインゲームやビデオチャットもストレスなく楽しむことができます。

また、プロバイダ月額利用料とは別に800円を支払うことで、固定IPアドレスを利用することが可能です。

有料のセキュリティソフトを購入すれば、迷惑メールを自動でブロックしてくれたり、有害サイトをシャットアウトしてくれたりします。

ASAHIネット光のデメリット

  • 速度制限
  • 混雑時に速度が低下
  • HTMLメールが非対応

一部のプランに加入している方は通信制限があり、回線速度が最大128kbpsに低下してしまいます。

自由に使える1カ月の通信量は7ギガバイトです。

一部の時間帯に限ってですが、人口の多い都市部であればあるほど回線速度が低下してしまいます。

回線速度が低下しやすい日中の時間帯は12時~14時頃、夜間は22時~2時頃です。

日中と比べて利用者数や通信量が増えやすい夜間の方が、速度が低下してしまいやすい傾向にあります。

また、ASAHIネット光のドメインを使用したメールは、メッセージ内に画像やカラーフォントを表示できるHTMLメールに対応していません。

HTMLメールが送られてきてもテキストメール表示となり、画像の部分には「×」が表示されます。

ASAHIネット光の評判

先に述べた通り、住んでいる地域によります。

都市部以外の方は今まで契約していたプロバイダから乗り換えたことで速度が上がり、ストレスなくインターネットを利用できています。

都市部に住んでいる方も午前中や夕方から夜にかけては快適という意見がほとんどですが、混雑する時間帯は不満が多くいようです。

速度の低下はプランにもより、高いプランを契約している方ほどASAHIネット光を高く評価しています。

乗り換えキャンペーンやスタートキャンペーンなど新規契約者は24カ月間の基本使用料が無料ですし、既存の契約者もネット会員の期間によって割引が適用されます。

速度はもちろん、キャンペーンを高く評価している方が目立ちました。

ASAHIネット光は、こんな人に向いている!

都市部から少し離れて住んでいる方で、現在契約しているプロバイダの速度に不満のある方はASAHIネット光がおすすめです。

回線が混雑しやすい集合住宅よりも、戸建てに住んでいる方の方がより恩恵を受けられます。

中でもNTT東日本、西日本やドコモなど有名光回線とASAHIネット光を組み合わせたプランがあります。

これらの回線は混雑にも強いため、都市部の集合住宅に住んでいる方も快適に利用できるでしょう。

1年以内に解約すると違約金が発生するのはASAHIネット光も同じですが、違約金はたったの2,000円です。

すぐに解約できるため、試しに乗り換えてみようか考えている方にも向いています。

外出先でもネットを利用したいならWiMAXの利用もあり

回線工事を必要とせずにASAHIネット光と契約する「ASAHIネット WiMAX 2+」があります。

auが提供している電波が利用できる上、高速通信ができるプランを選べば、WiMAXのルーターがauのLTE回線を受信できるようになるので高速通信が可能です。

外出先でもルーターを持っていれば、スマートフォンやノートパソコンで快適にASAHIネット光の高速通信を利用できますし、セキュリティ性能も高いためウイルスから攻撃を受ける心配もありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です